死ぬ時までに準備しておくこと

  • 2011.08.31 Wednesday
  • 18:51
光に包まれたガーベラby石部美和
JUGEMテーマ:ネットで話題のもの光に包まれたガーベラby石部美和





 結局のところ、私たちは生きているときに
どういう態度で生きたらいいのかと言うと
あの世に行くことにためらわない心を準備しておくことが
とても大切で、
遣り残したことがあったとしても、「誰かがきっと続けて引き継いでくれるだろう・・・。」
とこの世に想いを残さないことが肝心だということ。

 毎日、毎日の生活の一日の終わりに、今日を悔いなく生きたかどうか・・・?
 もし、生きていなければ悔いを残してしまう可能性も多くなってしまう。
 
 この世では急に「あっ・・・」という間に

(痛みや苦しみを体験しないまま)
 この世を去ることが良い死に方のように感じる人が多いようですが

 病気などをして、死期を受け入れてから旅立った方が
 彷徨う確立が激減するし、

 もしも、事故等で「あっ・・・」という間であったとしても
 自分がその直前まで何をしていて、どうなったかを
 よ〜く考え思い出したら
 彷徨うことはなくなる・・・。

 こういう話に無頓着より
 ただ、知っているだけでも
 知っていないよりは
 随分と意識レベルで違いが出るのだと思う。
 
 死は特別なことではなく
 誰にでも訪れることであり、
 関心があり、脅威や恐怖にただ感じるだけではなく
 死や生を不安であれば
 積極的に知ったほうが
 変な恐怖はなくなると思うんだよね。
 

 


  にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 下記の広告は↓石部美和及び、スマイル・ハートとは一切関係ありません。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

お気に入りリンク

参加サイト

あなたをリンクに登録します。 by 美和

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM