子供との距離の取り方

  • 2009.03.04 Wednesday
  • 14:30

にほんブログ村 健康ブログ レイキへ さくら、さくら、卒業旅立ち






 校舎の玄関に私たちが姿を見せると

 それを捉えた息子は私たちに大きく笑顔で手を振りました。

 この日は息子の高校生活最後の卒業式。

 思い起こせば、高校2年の時などは生きる目的を失い

 世間や学校、周りすべてがゆがんだものにしか

 息子の目には映らなかったのだと思います。

 学校を辞めると何度も口にしていて

 私はそのたびに彼から目をそむけませんでした。

 彼の話をただ聞き・・・

 彼を見つめ・・・

 彼が一通り話し終えるのを待ち

 私の意見を彼に伝えました。

 「辞めて欲しくないというのが私の意見。

 今高校を卒業しているくらいは世間では当たり前、

 という認識がある。

 将来、○○ちゃんが学歴を聞かれたときに

 そのたびに後ろめたいような劣等感を

 心に感じ後悔する・・・

 私はあなたのことを16年間見てきてそう思う。

 でも、自分にはやりたいことがあって

 学校にいる時間がもったいないのなら、

 賛成はしないけど、承諾はする。」

 このようなやり取りを何度となく行いました。


 押さえつければ、相手は反発する。

 見つめ続けていさえすれば、相手は心を開く・・・。


 このことを息子から教わりました。


 息子は4月から、自分で決めた新たな場所での

 学びをはじめる。

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

 
 

 
 

 

 

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

お気に入りリンク

参加サイト

あなたをリンクに登録します。 by 美和

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM